お金を借りる 内緒

内緒でお金を借りる方法

お金が必要だけど、親や知人、配偶者などの家族にバレないかなと不安で躊躇してしまいますよね。
バレないとは聞くけど本当かな?と思っている方のために、内緒でお金を借りる方法についてご紹介します。
どのような方法で借りればバレないのか、内緒で借りられるキャッシングはどこなのか、詳しく紹介していきます。

 

消費者金融のキャッシングが一番!

消費者金融と聞くと、バレたくない人が一番敬遠しがちなキャッシングですが、実は一番バレにくいのが消費者金融なんです。
消費者金融のキャッシングは、基本的にあまり人にバレたくない人が利用する前提で営業しています。
そのため、契約していることがバレないように手厚く配慮してくれます。

 

WEB契約でも書類やカードの発送がない

急ぎで契約する際に、WEB完結で契約した場合、カードや契約書類などが後日郵送されてくる場合があります。しかし、多くの消費者金融が郵送だけでなく店舗で受け取るかどうか選択できたり、カードは発送されなかったりと郵送することで家族や知人にバレないように配慮してくれています。

 

今までは配送方法や時間帯などを選択できる程度でしたが、今はほぼ店舗まで取りに行くか不要かといった流れになっています。このようにすれば、絶対にバレることはないので安心です。

 

郵送物なしで借りられるキャッシング

会社名 郵送物なし
プロミス WEB完結・自動契約機

カードレス対応

モビット WEB完結

カードレス対応

モビット カードレス対応
新生銀行カードローンレイク WEB完結・自動契約機

カードレス対応

アコム 自動契約機
アイフル 自動契約機

自動契約機で契約した場合、ほとんどのキャッシングはその場で契約書の控えやカードを発行してくれますので郵送物はありません。
WEB完結で契約した場合は、カードレスに対応しているところじゃないと、後日カードが郵送で送付されてきます。
これを避けたい場合は、後日店舗にカード・契約書などを直接取りに行けばOKです。

 

気を付けてほしいのは、カードレスを希望する場合はWEB完結がほとんどということ。
手元にカードを持ちたくないという方は、WEB完結で契約した方がいいです。
また、逆にカードが欲しいという方は後日店舗に取りに行くのは手間なので、最初から自動契約機で契約した方がスピーディで確実です。

 

ただ、私はカードレスの場合は後々不便な思いをすることもあると思うので、やはり後日店舗に受け取りでもいいのでカードは手元に置いておいた方がいいと思います。
急ぎの時が夜だったり土日だったりした場合、振り込みができないとどうやってもキャッシングすることができません。
そうなってから発行してもいいとは思いますが、最初のうちに持っておいた方が困らなくて済むと思います。

 

>>安心・オススメのキャッシングをチェック→コチラ

 

遅れてもショートメッセージなどで連絡

消費者金融というと、返済日に遅れたら電話がガンガンかかってくるイメージですよね。
しかし最近では、1日程度の遅れであれば、携帯のメールやショートメッセージで通知してくれるようになっています。
お金を借りていることがバレてしまう理由のひとつに、うっかり
返済日を忘れてしまったため、職場や自宅に電話がかかってきてしまってバレてしまうというケースがあります。
そういったことにも配慮して、まずは個人の携帯電話のメールやショートメッセージにお知らせしてくれます。

 

プライバシーを守る!消費者金融は他のどのキャッシングよりも確実で間違いなし!

家族や知人、会社の人などにバレたくないと思ってお金を借りる人は少なくありません。特に急ぎで必要な時ほど、誰にも気づかれずに借りたいものです。
消費者金融のサービスは、「プライバシーに配慮」することを徹底しています。
例えばカードに会社の名前の記載がなかったり、カードのデザインが可愛かったり、普通の銀行や信販会社では気が付かないような細かいところにまで配慮してくれます。
もし、あなたがどうしても誰かに気づかれたくないと思うのなら、消費者金融が一番オススメなんです。
ピンチを乗り切るまでの間、少しの期間、だからこそ気づかれたくない。そのニーズにしっかり答えてくれるのが消費者金融のキャッシングです。

 

会社に内緒で借りたい!在籍確認について

キャッシングの契約をする時は、必ず勤務先に在籍確認の連絡があります。
現段階では、多くの消費者金融の中でもモビットだけが在籍確認の電話連絡をナシにしてくれる可能性があるだけで、他のキャッシングは在籍確認は不可避となっています。

 

では、どうやって会社に内緒で借りればいいのか?

 

私がオススメする一番の方法は「クレジットカードを作った」と先に自分から言ってしまうことです。

 

在籍確認をナシにできるかどうかは、まずは契約した時に聞いてみます。
もし、当日が土日などで会社が営業時間外だった場合、社員証や給与明細で一時的に回避できる場合もありますが、営業日に必ず在籍確認の電話はかかってきます。
これは、消費者金融ではどうしても避けられないことです。

 

しかし、確認電話は消費者金融の名前を名乗るわけではありません。
必ず個人名でかけてきます。
つまり、カードを作ったことは気づかれても、どのようなところから借りているかなどの情報が漏れることはないということです。それならば、初めから「クレジットカードを作ったから確認電話がかかってくるかもしれない」と伝えておけば、誰もそれ以上追及しませんよね。
クレジットカードなら、今や誰でも持っているものなので気にする必要もありません。
全てを隠し通すのではなく、最低限の情報を出しておいた方が怪しまれずに済むと思いますよ♪

 

どんな時にバレる?内緒でお金を借りるポイント

内緒でお金を借りたい人に、ぜひ気を付けてほしい「私はこれでバレた!うっかりミス!ランキング」をご紹介します。
実はバレてしまうのはキャッシング会社からではなく、自身のうっかりミスが一番多いんです。
借りる前にできる対策もありますので、ぜひ参考にしてください!

 

利用明細を見られた

ATMでキャッシングをすると利用明細が発行されます。
通常の銀行などと同じ感覚で明細をお財布へ。
それをうっかり見られてバレてしまう・・・このパターンは本当に多いです。
利用明細には、利息や返済日などもしっかり記載されています。
明細を見れば、銀行カードローンや貯金などを下ろしているのではないことは一発でわかってしまいますので、明細は必ずその場で捨てるように癖をつけましょう。

 

返済が遅れて手紙が送られてきた

返済日を忘れていて3日も過ぎてしまった。
何度か携帯に見知らぬ電話番号から電話がかかってきていたけど出なかった。
4日目に返済をしたあと、数日したら自宅に督促のはがきが送られてきてバレてしまった。

 

遅れたら最初に必ず携帯に電話やメールがあるはずです。
これを無視して連絡がつかないままとなると、自宅や会社に電話がかかってきたり、それでも連絡がつかない場合は自宅にはがきが送られてきます。郵便物の場合、遅れて返済したとしても止めることはできませんので、返済したのにはがきが来た!となって慌ててしまう人も多いようです。
返済が遅れた時、遅れそうな時は必ず電話連絡をするようにしましょう。

 

カードを落として気づかれた

うっかりカードを落としてしまったくらいでは気づかれないようなデザインのカードもあるのですが、じっくり見られてしまえばわかってしまいます。
落とすだけでなく、テーブルの上に財布を置いておいてみられた、カードを机の中にしまっておいて気づかれた・・・などなど、もし家族や知人が勝手に財布の中を覗く可能性がある場合は、カードを別のところに置いておくか、カードレスで対応するようにしましょう。

 

消費者金融から書類が送付されたりしてバレることはほとんどありません。
なぜなら、消費者金融のキャッシングは利用明細を送付してきたり、契約変更などで契約後何ヶ月もたって書類を送付して来たりすることは一切ないからです。
契約した時に契約書類が送られてくることがあるくらいで、その後何十年使っていたとしても、何か書類が送付されてきたりすることはありません。
バレる時は、ほとんどが本人のうっかりミスなんです。
「借りていることを内緒にしたい」と思っているのであれば、常に明細やカードについては人目につかないように気を付けておくべきですし、返済に遅れるのはもってのほかであると自覚しておく必要があります。
最初のうちは気を張っていても、半年ほどたってしまうと気も緩んでしまいがちです。
お金を借りていることを常に忘れず、お財布のどこにカードが入っているのか、明細はきちんと捨てたかどうか、チェックしてから帰宅するようにしましょう。

 

>>安心・オススメのキャッシングをチェック→コチラ

 

誰にもバレずに借金はできるのか?

お金を借りたいと思っているけれど、できれば借金していることは誰にもバレたくない。
バレたくない相手は、家族ですか?職場ですか?
どちらにもバレずに借りる方法もあります。
誰にもバレずに借金するためには、確認電話や書類の送付が他のもので代用できるキャッシングを選ぶといいです。

 

Web完結の中には一切連絡がないものも

消費者金融の中には、Web完結で申し込み〜契約をすると、書類やカードの郵送も、勤務先への在籍確認の電話もないところもあります。
色々な消費者金融などのキャッシングには、郵送先を自宅以外にできたり、発送時間を指定できたりするところもありますが、実際にカードを郵送してもらわなければならない場合は、どれだけ発送時間を指定しても、家族と同居していたら隠し通すのは難しいですよね。

 

また、勤務先への在籍確認の電話はナシにするのは難しいところが多数です。
個人名で電話がかかってくるとはいえ、もし外部から電話がかかってくることないような勤務先の場合は、どんな電話であれ、電話がかかってくる時点で怪しまれてしまいます。

 

勤務先には、前もって「カードを作成したから在籍確認の電話がかかってくる」ということを伝えておくのがベターです。
さすがに消費者金融であることまではバレませんし、通常のクレジットカードなどでも勤務先の在籍確認は必ず行われていますので、怪しまれることはありませんよね。

 

そんな方が多いせいか、最近では在籍確認を社員証でOKとしてくれるところもありますし、書類やカードは店舗に取りに行く、またはカードレスのサービスもありますので、絶対に誰にもバレたくない!という方は、カードレスで在籍確認もなしのキャッシングを選んでくださいね。

 

バレた人のほとんどが返済の遅延
返済日をウッカリ忘れて電話がかかってきてしまったりすることは、長年利用していると一度くらいはあると思います。
登録している携帯電話に最初に連絡はあるのですが、電話に出なかったり、返済日がいつまでも遅れていたりすると督促状が送られてきたり、勤務先に督促の電話がかかってきてしまうことがあります。
家族や勤務先にバレてしまった人のほとんどは、督促の通知です。
絶対にバレないようにするためには、返済日に遅れないようにすること、キャッシング会社からの電話には必ず出る、または折り返し連絡をすることが大切です。

 

>>安心・オススメのキャッシングをチェック→コチラ