審査と年収の関係について

審査と年収の関係について

カードローンの申込みをする時、年収について記載する項目がありますよね。
年収が高ければ高いほど有利なのだろうとは思いますが、では逆に年収が少ないと審査に通過しないのかというと、そんなことはありません。
プロミスやアコムなどの消費者金融では、「アルバイトや契約社員でも、自身に安定した収入があれば申し込みが可能です」と記載されています。
つまり、年収が高い低いではなく、自身に安定した収入があるかどうかを見ているため、年収が低くても審査結果に影響はありません。

 

年収が低いからと言って審査に落ちることはありませんが、融資額となると話は変わってきます。
年収が高いか低いかということは、借りられる金額が大きく変わってくるということは頭に入れておく必要があり
ます。
そこで、年収を記載する際、どのような記載するといいか細かく見ていきましょう。

 

年収って手取り?それとも額面?


キャッシング審査の場合、年収は手取りではなく額面で審査します。
つまり、税込年収でOKということになりますね。
税金は年収によって変わりますので、人それぞれ金額が違います。
年収が多ければ多いほど、総支給額と手取りは大きく変わってしまいますので、額面を記載すればOKということになります。

 

では、審査と年収の関係について、実際はどのような影響があるのでしょうか?

 

年収に対する希望額のバランス

年収が300万円の人が、借入希望額を300万円で提出した場合、恐らくほぼ全員が審査に通らないでしょう。なぜなら、希望している金額が、年収の3分の1を超えているからです。

 

消費者金融などの金融業では、年収の3分の1を超える金額を貸すことは法律で禁止されています。
そのため、年収が300万円の人が借りられる金額は100万円が上限ということになります。

 

銀行の場合は事情が変わる

では、銀行の場合は総量規制対象外なので、いくらでも借りられるのか?というとそういうわけではありません。
もちろん、銀行は銀行法に基づいてカードローンやキャッシングの審査を行っているため、年収の3分の1を超えていても借入れすることは可能です。

 

しかし、だからといっていくらでもOKということではありません。
目安は、だいたい年収の2分の1程度と考えるといいと思います。
これは、それぞれの銀行カードローンによって基準が違うので、必ずしも2分の1までは借りられるというものではありません。
しかし、ある銀行カードローンでは、限度額500万円のカードローンを申し込む際は、年収1,000万円以上を条件として提示しています。
つまり、銀行カードローンは概ね2分の1以上が判断目安になるのではないかというこになりますね。

 

審査と年収の関係 まとめ

  • 契約審査の場合は、年収で「安定した収入があるかどうか」を見ている
  • 限度額審査の場合は、消費者金融は年収の3分の1以下
  • 銀行の場合は年収の2分の1が目安

年収が低いからといって審査に落ちることはありませんが、年収に見合った希望額じゃない場合は審査に通らない可能性もあります。
あらかじめ自分の年収に合った金額よりも少なめの金額を、申し込みの際は記載するようにしましょう。

 

クレジットカードと年収の関係

パートやアルバイトで年収が150万円程度しかないからクレジットカードは作れないと思っていませんか?
クレジットカードの審査というのは結構複雑かつ奥深いなもので、年収が高いからといって審査に簡単に通過するということではないんです。

 

クレジットカードに限らず、消費者金融もそうですし住宅ローンやカードローンの審査など、あらゆる融資や借入の審査というのは、年収はもちろん目安としてありますが、それよりも重要なポイントがいくつかあるんですね。

 

芸能人は審査に通りにくい

よくテレビなどでも聞く事があると思いますが、かなり売れっ子で年収もものすごくもらっている芸能人でも、実はローンの審査に通りにくいと言われていますよね。
年収が数千万円あるような人でも、ローンの審査にはなかなか通らない。
その理由は、「安定した収入がある」とは言えないからと言われています。
年収というのは目安ではありますが、やはり重要なのは勤続年数と勤務先が安定しているかどうかということなんですね。

 

公務員は最強?!

変わって公務員の場合は、審査ではかなり有利と言われていますよね。
年収200万円程度の公務員なんて珍しくないのに、審査ではスムーズに通る。
これは、公務員が非常に安定している職業であるからなんですね。

 

年収0円でもクレジットカードは作れる

年収が0円でも個人事業主の場合はクレジットカードを作れる可能性は十分にあります。
年収ではなく、アルバイトや正社員として働いている、という実績があればそれだけで問題なく審査で通過する可能性は高いんです。

 

ただし、年収0円と無職は違います。
無職の場合は、どんなにお金を持っていてもカードを作ることはできません。
審査に通過するためには、自身に安定した収入が必要なので、無職の専業主婦や学生は残念ながら審査を通ることは不可能ということになります。