おまとめローンで借り換えするには

おまとめローンで借り換えするには

おまとめローンとは、その名の通り、複数の借金を1社にまとめるローンのことで、「借り換えローン」とも言われています。
もし、今複数の借金の返済で悩んでいる方や、なかなか完済できずに不安な方は、おまとめローンを検討してみてください。
上手に利用することで、ごちゃごちゃになってしまった返済計画を立て直すことができます。
また、おまとめローンによって完済までの道筋が見えてくることで、少しくじけていた気持ちも立て直すことができます。返済で悩んでいる方は、ぜひ一度目を通してみてください。

 

おまとめローンに積極的なカードローンは?

「おまとめローン」「借り換えローン」に積極的な会社は、その名のついた商品があるところが多いです。
本気でおまとめローンを検討しているのであれば、その名前がついた商品のあるカードローンで検討するのがオススメです。

 

アコム 借換え専用ローン 120万の場合の金利15.0%
プロミス おまとめローン 200万の場合の金利15.0%
アイフル おまとめMAX 12.0%〜15.0%

 

この3社においては、それぞれ借り換え専用ローンがありますので、そちらを利用するのがオススメです。
借り換え専用商品を利用すると、通常のカードローンとは違う条件で借り入れすることができます。

 

おまとめローンのポイント

返済専用なのできちんと完済できる

おまとめローン専用商品は、返済専用のため追加の融資はできません。
自転車操業状態に陥ってしまっている方は、おまとめローンで借入不可の状態にして返済に集中できるのでオススメです。

 

年収の3分の1以上でも契約可能

おまとめローンの場合は、総量規制の除外という扱いになるため、年収の3分の1以上でも借入が可能です。
つまり、借りた時には年収の3分の1以下だったにも関わらず、いつのまにか膨れ上がってしまった借金も、おまとめローンなら3分の1以上でも問題なく契約することができます。

 

金利が低く設定されている

おまとめローンは、まとまった金額の契約をするため、必然的に金利が低くなります。
20万円ずつ5社で借りると、5社全てに18%の金利が設定されるのに対し、100万円1社にすれば、15%程度の金利で借りることができるということになります。
つまり、金利が低く設定されているため、しっかり元金を返済していけるということですね。

 

おまとめローンの具体例

【借換前の返済内訳】
A社 借入残高 70万円 毎月返済額 17,775円 金利 18.0%
B社 借入残高 80万円 毎月返済額 20,314円 金利 18.0%
C社 借入残高 50万円 毎月返済額 12,696円 金利 18.0%

 

毎月の合計返済額 50,785円 返済総額 3,047,133円

 

【プロミスおまとめローンを利用した場合】
借入残高 200万円 金利15.0% 毎月返済額 48,000円 返済総額 2,842,747円

 

おまとめローンを利用すると、まず金利が15%まで引き下げられますので、利息分が軽減されます。
次に、毎月の返済額も少なくなり、返済総額も20万円以上少なくなります。

 

上記の例は、返済総額を少なくするために、あえて毎月の返済額を今までとほぼ同じ金額に設定した場合の返済例です。
毎月の支払いが辛い場合は、毎月返済額をもう少し抑えることも可能です。
その代わり、返済総額はもう少し差額が少なくなります。

 

おまとめローンのメリット
  • 返済日が月1回になる
  • 返済先が1ヶ所でいい
  • 毎月の返済額が軽減される

 

今まで、複数社の返済に苦しんで悩んでいた方は、おまとめローンにすることで精神的な余裕が生まれ、頑張って完済しようという意欲につながりますよね。

 

ただし、逆にデメリットもあります。

 

おまとめローンのデメリット
  • 返済期間が長くなる
  • 期間が長くなると総額が増える可能性がある
  • さらに借金が増える可能性がある


先程も返済例で説明しましたが、おまとめローンにすることで毎月の返済額が軽減されると、その分総額が増える可能性はあります。
毎月の返済額をおまとめローンにする前と変えなければ、金利分が軽減されるため返済総額は少なくなりますし、返済期間も短くなります。

 

しかし、毎月の返済金額が大きすぎて苦痛な方は、月々の返済額を少なく減らすことになります。
そうすると、完済までの返済期間が長くなり、その分金利も長期間発生するため、総額が高くなってしまうことがあります。

 

このあたりは、自分の現在の状況を見ながら調整していく必要があります。
おまとめローンにしても毎月の返済額を減らさずにいられれた方がいいですが、無理をすると完済までの道が遠ざかってしまいます。
ある程度の金額までは毎月の返済額を少なめに設定し、半分くらい返済したら一気に毎月の返済額を増やすというのもひとつの方法です。

 

このように、おまとめローンを契約する時は、しっかりと返済計画を立てなおし、今よりも軽減されるようなおまとめローンを選ぶようにしましょう。