お金を借りるための審査に通過するポイント

お金を借りるための審査に通過するポイント

カードローンの審査が初めての方は、自分が通過できるかどうか不安でいっぱいだと思います。
しかし難しく考える必要はありません。
ポイントさえおさえていれば、審査はそれほど怖くて難しいものではありません。
実は、審査に通過しない人の条件はほぼ決まっているんです。

 

審査に通らない人のポイント

  • 複数他社に借金がある
  • 年収の3分の1以上の借入がある
  • 自分自身に安定した収入がない

 

審査で引っかかるポイントはこの3つです。
特に、複数他社に借金がある場合は、銀行カードローンでも審査に通過するのは難しい場合が多いです。
さらに消費者金融の場合は、他1社にしか借入がなかったとしても、年収の3分の1を超えてしまった場合は審査に通過することはできません。

 

このように、審査に通らない人の理由の8割以上は、「他社への借金の額」です。
それ以外では、専業主婦だったり学生だったりと、自身に収入がない場合は審査に通過するのが難しい場合もあります。

 

審査に通過しやすくするためのポイント

では、他社への借入がほとんどなく、さらに自身に安定した収入がある人が、より審査に通過しやすくするためのポイントをご紹介いたします。

 

もっと審査に通過しやすくするポイント

  • 低めの金額で申し込む
  • 勤務先の情報を細かく記載する
  • 内容を偽らない

 

もし、あなたがお金を貸す側になったとしましょう。
5万円貸すのと、100万円貸すのとでは、条件が違いますよね。
それと同じで、カードローンの審査も低い金額の方があれこれ書類などを提出することなく審査を受けることができます。
しかし、金額が大きくなればなるほど、在籍確認の証明や収入証明など必要な書類は増えていきます。

 

また、初めて契約する人に、いきなり100万円のような大金を貸すとなると審査も厳しくなり時間もかかります。全ての条件が整っていたとしても、返済実績がないとすれば審査に落ちてしまう可能性もあります。

 

申し込みをする際の金額は、できるだけ必要最低限の金額を申し込むようにしましょう。

 

そして次に、勤務先の情報はなるべく事細かに記載。さらに、アルバイトなのに契約社員と嘘をついてみたり、嘘をついて自分をよく見せることはいい結果になりません。
カードローンの審査は、勤務形態はアルバイトでも契約社員でも正社員でも問題ありません。
勤務期間の方が重要ですので、嘘のない程度に誠実に記載するようにしましょう。

 

一度も借金をしたことがない人は審査通過が難しい?

過去に一度もクレジットカードやカードローンを使用したことがない人は、審査に通過しにくい場合があります。
一度も利用したことがなければ、他社への借金がありわけでもないし、過去に返済の遅延などをしたことがあるわけでもないのに審査に通りにくいのはなぜなのでしょう。

 

理由は2つあります。
1つは、返済実績がないこと。
過去に一度も借金をしたことがない人は、同様に返済の実績もありません。
つまり、初めて貸す側からすると、何の情報もないため不安なのです。
それが、20代前半などであればよくあることですが、30代後半くらいで一度もクレジットカードやローンの使用実績がないとなると、貸す側も少し不安になるようですね。

 

この「不安になる」という部分が、2つ目の理由です。
実は、過去に自己破産などを行ったことがある人は、信用情報が真っ白な状態に戻るため、過去の返済実績がゼロの状態になります。
ある程度の年齢で信用情報が白紙である場合は、過去の破産履歴などを疑っているんですね。

 

過去に自己破産をしたことがある人と、一度も借金をしたことがない人だけが、信用情報が白紙の状態です。どうやっても、これは判断することができないため、一度も借金をしたことがない人は、審査に通過しにくいと言われているんですね。

 

とはいえ、一度も借金をしたことがない、というのは生きていればなかなかありえないこと。
例えばスマホを持って入れば、機種代金を分割で支払っている時点で、信用情報に記載されます。
クレジットカードがなくても家電などを購入する際にローンを組めば、それも信用情報に記載されます。

 

普通に生活をしていれば、一度はローンなどを利用することがあると思いますので、あまり神経質にならなくてもいいかもしれませんね。

 

審査に通過するためのポイントをおさらい!

  • 希望借入額は低めに
  • 複数他社で借金をしない
  • 嘘を書かない

希望借入額や借金の現状で審査を受けられるかどうかは、それぞれのキャッシングの公式サイトに自己診断がありますので、そちらに現在の借入金額を入力すれば自分で診断することができます。
急ぎの方は特に、おおいに利用してみてください。
入力するだけで、電話がかかってきたり勧誘されることはありませんので安心してくださいね。

 

実は悪影響?!申し込みブラック

急いでお金を借りたいのに、審査になかなか通らない!
「間に合わなかったら困るから、時間短縮のために何社か同時に申し込みしちゃえ・・・」
これ、実はものすごく悪影響なんです!

 

キャッシングやカードローンの信用情報というのは、返済実績や借入状況だけでなく、何社申し込みをして、何社の審査に通過していないかという情報も記載されます。
返済の遅延なども悪影響ではありますが、複数社に何度も何度も申し込みをしている状況は、実はものすごく印象が悪いです。
さらにいえば、1社でも審査に通過しなかった場合、内容は不明瞭でも怪しいというだけで審査に通過しにくくなってしまうこともあります。

 

このように、何社も短期間で申し込みしすぎることを「申し込みブラック」といい、3社以上同時に申し込みをすると審査に通過しないと言われています。

 

このような状況にならないように、いくら慌てていても必ず審査は1社ずつ受けるようにし、多くても2社、3社までに止めておきましょう。