総量規制対象外でお金を借りる

総量規制対象外でお金を借りる

キャッシングやカードローンについて調べていると、必ず出てくるワード「総量規制」
詳しく知らない人でも、この総量規制が審査の際に大きく影響しているということはご存知だと思います。
総量規制に引っかかると、消費者金融や信販系カードローンの審査は通過しません。
そうなると、お金を借りることはできないのか、というとそういうわけでもありません。
総量規制対象外のキャッシングやカードローンであれば、他社に借入れがあっても審査を通過することができる可能性があります。
まずは、現在審査を受けようと思っているキャッシングやカードローンが、総量規制対象かどうか確認してみましょう。

 

総量規制とは

総量規制とは、2010年から設けられた比較的新しい規制です。
これ以前は総量規制がなかったため、多重債務に陥って破産してしまうような人も少なくありませんでした。
逆にこの規制が設けられた2010年以降は、高金利の貸付けを行う業者が減り、多くの消費者金融や街金、カードローン会社などが倒産したと言われています。

 

総量規制は、過剰に貸付することを防ぐことが目的で設けられた規制です。
つまり、「お金を貸してくれない」というよりは、「貸せない」ということです。
総量規制に引っかかっている人に貸付をすると違法になってしまいますから、どうやっても借りることはできませんよね。

 

総量規制の具体的な内容は、「年収の3分の1を超える金額の借入はできない」というものです。
現在抱えている全ての借金が、年収の3分の1を超えていた場合、新しくキャッシングやカードローンでお金を借りることはできなくなります。

 

例えば、年収が300万円の方の場合、100万円までしか借りることはできないということになりますね。

 

総量規制対象となる借入

では、具体的に総量規制の対象となる借入とはどのようなものになるのでしょうか。

 

  • クレジットカード会社のキャッシング
  • 消費者金融のキャッシングやカードローン
  • 信販会社キャッシング

 

総量規制対象となる借入は、簡単に言うと上記の3つになります。
消費者金融の借入で総量規制に引っかかっている人は多いと思いますが、実際はクレジットカードのキャッシングの利用も対象に含まれます。
また、消費者金融以外では、信販会社のキャッシングも総量規制に含まれてますので、自己診断する際はしっかり借入額に入れておくようにしましょう。

 

総量規制対象外のキャッシング・カードローン

ここまで総量規制について詳しく見てきましたが、総量規制対象にならない借入れ方法もあります。
全ての借入れが総量規制対象となっていては、まとまった金額が必要な場合や、大きな買い物をする時に不便で仕方ありませんよね。
総量規制対象外の借入れの中には、総量規制そのものが適用されない借入と、総量規制の除外・例外として扱われる借入れがあります。

 

総量規制の除外となる借入

  • 住宅ローン
  • 車のローン
  • 信販会社のローン
  • クレジットカードのショッピング枠
  • 高額療養費の貸付
  • 不動産担保の借入

基本的に担保があってお金を借りているものは除外となります。
また、高額医療についても対象外ですね。
ややこしいのは、クレジットカードのショッピング枠です。
クレジットカードにキャッシング機能がついていて、そのキャッシング枠での借入は総量規制対象となりますが、クレジットカードのショッピング枠については除外となります。
また、電化製品などを購入する際に利用する信販会社のローンも除外となります。

 

総量規制の例外となる借入

総量規制の除外との違いは、例外は消費者金融や信販会社のキャッシング・カードローンでの借入れの中で「例外」として扱われる場合です。
以下のような理由で総量規制対象のキャッシングやカードローンを利用した場合は「例外」とみなされます。

 

  • 利用者が一方的に有利になる借り換え
  • 緊急性が認められる貸付
  • 個人事業者に対する貸付
  • 配偶者と合わせた年収の3分の1以下の貸付

 

このような理由であれば、年収の3分の1を超えた金額でも借りることが可能です。
特に、「利用者が一方的に有利になる借り換え」というのは、いわゆる「おまとめローン」や「借り換えローン」のこと。
同じ消費者金融でのカードローンでも、借り換え目的の商品での契約の場合は、年収の3分の1以上でも借りることが可能です。

 

おまとめローンについて詳しくはこちら>>

 

銀行のカードローンは総量規制対象外

ここまで色々と細かい内容を説明しましたが、緊急性もなく、おまとめローンなどで借りるというわけでもなく、年収の3分の1以上のお金を借りたい、という方は銀行カードローンをオススメします。
銀行カードローンは、実は総量規制対象外の貸付に該当します。
消費者金融や信販会社は貸金業法の適用となっているため、総量規制対象となります。
ところが銀行は、銀行法の適用となるため総量規制の対象になりません。
総量規制とは、そもそも貸金業法内で設定されている規制なので、銀行法で貸付を行っている銀行カードローンは対象外となります。

 

銀行カードローンであれば、現在消費者金融にどれだけの借金があっても審査に通れば借りることはできます。
年収の3分の1以上の借金があったとしても、銀行が独自の審査基準に基づいて審査し、返済能力に問題がないと判断すればお金を借りることが可能です。

 

とはいえ、基本的に借入状況については銀行でもしっかり調査しますので、あまりにも大きな負債を抱えていればそう簡単には審査に通過できないのが現状です。

 

また、総量規制対象外の銀行カードローンは、それなりに審査も厳しく、必要書類も多数あります。
また、銀行カードローンの場合はその銀行の普通口座が必要な場合が非常に多いため、なかなか即日融資に対応していないのが現状です。
今すぐお金を借りたい方にとっては、不向きなカードローンではありますね。

 

中には銀行カードローンでも即日融資を提供している銀行もあります。
例えば三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」などは、銀行ATM内に自動契約機が設置されているため、消費者金融と同じ方法で即日融資が可能です。
金利は銀行金利で、なおかつ普通口座も不要なので人気が高いカードローンです。
急ぎでお金が必要な方は、大手銀行のカードローンを探してみるといいでしょう。

 

銀行カードローンの保証会社が消費者金融の場合はどうなる?

即日融資を提供している銀行カードローンには、審査機関や保証会社に消費者金融を利用しているところが多いです。
しかし、あくまでも銀行カードローンは総量規制対象外ですので、この場合も総量規制対象にはなりません。

 

その他の総量規制の対象にならない借入

  • 信用金庫
  • 信用組合
  • 農協
  • 労金
  • 保険会社
  • 証券会社

銀行カードローンだけでなく、上記の内容や住宅ローンなどは総量規制たの対象外になります。
年収の3分の1以上の借入を希望する場合は、銀行、信用金庫、信用組合などに相談してください。
特に収入が高くて返済能力が高い場合は審査に通過しやすいと思いますので相談してみましょう。