収入証明無しでお金を借りたい

収入証明ナシでお金を借りたい

最近、多くのカードローンやキャッシングの宣伝に、「収入証明不要」と書いてありますよね。
しかし、実際に収入証明が不要なのは、借入金額が低い人のみ。
高額、50万円以上を借りたいと思っている場合は、収入証明は提出する必要があります。
しかし、よくよく見てみると、50万円以下でも収入証明が必要な場合もありますので、詳しくご説明いたします。

 

収入証明とは?

収入証明とは、現在の所得を証明する書類のことを指します。
給与所得者とそれ以外では書類が違いますのでそれぞれ説明します。

 

給与所得者

  • 源泉徴収票(前年度分)
  • 給与明細書(直近3ヶ月以内のうち2ヶ月分)
  • 納税証明書
  • 課税証明書

 

上記の書類の中から1〜2点準備しておけば問題ないでしょう。
どれも勤務先に伝えれば再発行してもらえるものなので、紛失している場合は少し時間がかかりますが揃えておくようにしましょう。

 

給与所得者以外

  • 税務署の受領印が押されている確定申告書
  • 課税証明書

 

自営業者の場合は上記の書類は税務署窓口に行けば再発行してもらえますので、準備しておくようにしましょう。

 

収入証明は、どれも準備するのに少し手間がかかる書類です。
急ぎでお金を借りたい方にとっては、かなりタイムロスになってしまいますので、できれば避けたい書類です。

 

収入証明は50万円以下は不要なところが多い

では、急ぎでお金を借りたい場合、どうしたら収入証明不要で契約できるかというと、借りたい金額を最低限の金額まで抑えることです。
基本的には50万円以下であればほとんどの場合不要で契約することができます。
どうしても急いでいる方は、まずは手元に必要な最低限の金額のみを申告するようにしましょう。

 

逆に、50万円以上を借りたい場合は、銀行であれば対応してくれる可能性が高いです。
銀行は、希望額200万〜300万円超で必要になるという設定をしているところが多いので、銀行カードローンの審査を受けてみてください。

 

少額の希望でも収入証明が必要な場合

消費者金融の場合は、希望している金額+他の借入額が100万円を超える場合は収入証明が必要です。
他には振込による借入や口座振替による返済などを希望する場合も、収入証明が必要な場合があります。
そして、自営業者や法人代表者、外国籍の場合などは収入証明が求められる業者もありますので、これらに該当する方は念のため準備しておくといいと思います。

 

給与所得者であれば、直近3ヶ月以内の2ヶ月分の給与明細が最も簡単でスピーディに準備できますので、給与明細はできれば常に捨てずに保管しておくと何かと便利かと思います。

 

嘘の年収を記載してもバレない?

収入証明不要な金額で申し込みをするなら、少々年収を高く記載してもバレないんじゃない?!と思いますよね。確かに収入証明を提出しないのであれば、年収は自己申告になるため、それが本当かウソかというのはバレないと思いますよね。

 

しかし、それは甘い!

 

相手はプロです。実際に山のような審査をしていれば、嘘の年収を書いているかどうかというのは書類の内容でわかってしまいます。

 

例えば、年齢と勤務年数、会社の規模などを見ればだいたいの年収は想像がつくでしょう。
さらに身分証明書や今までの借入状況、信用情報などを見てみれば、平均的な年収というのは想像がつくものです。

 

あまりにも実際と差がある年収を記載してしまうとバレるというよりは怪しまれます
怪しまれたら、収入証明の提出を求められますので、せっかくスムーズに借りれたはずなのに収入証明がないため審査に通過できなかったということもありえます。

 

収入証明不要でも、年収はちゃんと正確な金額を記載するようにしましょう。